HOME > フジゼミ実況中継 > アーカイブ > 2018年3月

フジゼミ実況中継 : 2018年3月

K.Y君 学習記録(3)


3月下旬
 
 
 
マイカー通勤のお父さんに合わせて毎朝8時に自宅を出る
フジゼミが開く9時半までコンソートホームズの食堂で勉強
22時まで勉強
 
 
人生でまともに勉強するのは初めてとは思えない熱量で黙々と取り組んでいます。
 
 
 
 
〇英文法
 
中学1年生レベルは,指定する問題集だけの学習でクリア
中学2年生レベル以降は,映像授業→問題集の要領で学習
 
 
〇英単語
 
文法の中2レベルが終わる頃から,中学英単語の勉強を開始
 
 
〇現代文
 
天声人語要約(週1回以上)
漢字トレーニング(毎日)
現代文キーワード(毎日)
 
 
〇世界史
 
マンガを一通り読み終えたのち,教科書+スピードマスターの勉強を開始
 
 
 
 
 
以下は映像授業(中学英文法)の学習記録です。
かなりのハイペースですが,問題集を徹底反復しているので順調です。



K.Y君 学習記録(2)


2018年3月12日
英語の実力チェックテスト
 
 
中1:52点
中2:20点
中3:11点
 
 
中1の「ThisとThatの文」から完全にやり直すことが確定
受験科目は,英語,国語,世界史Bの3科目
東京にある大学の文系学部を目指したい
現時点で具体的な志望大学は決めない(というより大学名を知らない)
 
 
以下,初期の学習内容
 
〇英文法
中1レベル問題集からやり直し
I, my, me, mineが分からなかったため,「代名詞」からは映像授業を開始

〇世界史
学習マンガを一通り読むことから
 
〇その他
勉強第一の生活リズムを確立
毎日10時には必ず来る
進捗状況を見ながら,その他のことは臨機応変に指示・対応していく
 
 
 
 
完全にゼロからはじめるパターンです。
でも,こういう子が一番教えやすかったりします。

「スッカラカンのパッパラパーです。だけどやる気だけはMAXです」
というタイプです。
 
 
特筆すべきは,
字がきれいであること
解答用紙から「何とか埋めよう」という気持ちが伝わってくることです。
 
 
「できないのではなく,やっていなかっただけ」
 
という気配を感じますが,さて,どこまで伸びるか鍛えがいがあります。











K.Y君 学習記録(1)


2018年3月8日
 
本人と初めて面談
 
 
20歳
中学卒業後,高校に進学したが1日も登校せず中退(入学式も欠席)
その後,通信制高校を卒業
勉強は中学2年生から全くしていない
親友の一人がフジゼミ卒業生で,以前から存在は知っていた
将来のことを考える中で大学に進学したいと思った
 
 
勉強とは全く無縁の生活だったので,
勉強カリキュラムではなく「何のために大学へ行くのか」という話を中心に,
約2時間面談して終了
 
 
 
 
 
昔はやんちゃだった系ですが,
今はすっかり落ち着いて,礼儀正しい若者という印象でした。
フジゼミは,どんな経歴であっても自分の意志で来るなら入塾OKという方針です。
キリよく3月12日(月)から勉強を始めることになりました。

フジゼミ実況中継とは


ゼミ生が「なにを、どこから、どうやって」勉強に取り組むのかを現在進行形の形で紹介していきます。
ここでは特に、偏差値30・40台や学年最下位から始めるケースに焦点を当て、進捗状況や成績推移などリアルな姿を伝えていきます。
 
結果論ではなく現在進行形の姿を扱うため、私たち指導する側もプレッシャーですが、それをエネルギーと責任感に変えて日々の実践に活かしていきたいと思います。
このページを通じて、進路や勉強に関して悩んでいる人が「自分もできる」「自分もやらなければ」という前向きな気持ちを抱いてもらえれば幸いです。
 

1

メインページ | アーカイブ | 2018年4月 »