HOME > フジゼミ式指導と活用方法

フジゼミ式指導と活用方法

ゼロから教えなおします

フジゼミは、「受験生であればここからはじめる」という一般的な考えを取り払い1人ひとりのスタートレベルからやりなおし・教えなおすことを大原則としています。
実力テストやヒアリングによって知識の抜けや穴を把握し、「授業」「反復演習」「テスト」によって徹底的に埋めなおし指導していきます。

少人数制授業

2名~10名程度の少人数制授業を昼間・夜間それぞれの時間帯で開講され、ゼミ生は学年に関係なく1人ひとりのレベルやニーズに合った授業を自由に選択することが可能です。すべての教室には壁面いっぱいの特注ホワイトボードと電子黒板機能のついたプロジェクターが完備してあり、使用する教材はフジゼミの講師陣が授業に合わせて作成しています。こうした手作りの授業と最新の機器を活用することで、分かりやすくスピード感のある授業を実現しています。

少人数授業の一覧

映像授業

佐鳴予備校が提供する「アットウィル(@will)」を導入しています。
小学生レベルから国公立大学の二次対策まですべてのレベルを網羅しており、小中レベルは約3,000、高校レベルは約22,000講義という豊富なラインナップの中から、必要に応じた授業を受講することができます。各授業は15分程度(小中レベルは25分)と細分化されているため、集中力を保って学習することができます。苦手な単元に絞って視聴したり、同じ内容を何度も繰り返したりと自由にアレンジが可能です。

個別演習

ゼロから大学入試レベルまで一気に駆け上がる秘訣は、圧倒的な演習量と、単元ごとに課されるテスト(合格点は90%以上が基本)です。
フジゼミは1階が授業を行う教室、2階は演習・映像授業・個別質問・テストなど各自の勉強に取り組む場所として完全に区分けされており、ゼミ生は授業外の時間は2階を好きなだけ活用することができます。

個別演習の一覧

テスト徹底方式

小テスト

各演習に合わせて、分野や学習段階ごとに細かくテストが課されます。それぞれのテストには合格点が設定してあり(基本は90点)、クリアするまで何度も再テストが課されます。授業→演習問題→納得いくまで質問や映像授業を活用→テスト→合格するまで再テスト、必要があれば再演習と徹底的に鍛えあげるシステムになっています。

週次テスト

副教科は週1回のペースでテストが行われます。例えば理科・社会系の教科では厳選した1冊(基本レベル)をベースに約2.5~3カ月の期間で1周するよう各回の範囲が設定されてあり、テストをペースメーカとすることで挫折することなく一定のリズムで学習することが可能です。全範囲をクリアしたら2周目、3周目...と入試まで継続して行われます。週次テストで絶対的な基礎力を固め、志望校に応じてほかの教材を並行して取り組みます。

進捗管理

授業は当然ですが、個別演習、小テスト、週次テストに至るまであらゆる各自の進捗状況は管理シートによって記録されます。管理シートは毎回提出することが義務付けられており、毎日必ず講師がチェックしたのちに1人ひとりのファイルBOXに返却されます。

フジゼミを勉強部屋に

平日は10時~22時まで、土曜日は10時~17時まで、授業の有無に関係なくフジゼミを勉強部屋として好きなだけ活用することが可能です。

1日のスケジュール(昼間生)

やる気になれる環境

特進メンバー制度

特に進んで学習したいゼミ生は、各自の申告により「特進メンバー」に入ることができます。(成績は関係なし)特進メンバーは土曜日と祝日も10時~22時までフルタイムの利用が可能です。(※遅刻、無断欠席、学習態度などで罰則あり)

多様な人材が集う場

フジゼミは「学力・年齢・経歴 一切不問」を掲げているため、現役生や浪人生だけでなく、高校中退・中卒から進学を目指す人や社会人、県外から一人暮らしをして勉強するゼミ生など、10代~30・40代まで幅広い人材が集っています。フジゼミに至るまでに回り道してきた人も少なくありませんが、それだけに「ここが人生のターニングポイント」と考えて本気で勉強する人が多くいます。

自主性尊重

フジゼミは自主性を最大限に尊重しているため、強制的に勉強させるようなことは一切ありません。「もともと優等生」という人は一人もいませんが、自由な空気、本気で取り組む人が間近にいる環境の中で、ゼミ生が競争しあい、教えあう空気が自然と生まれていきます。

ホームルーム

主に受験生を対象に毎週ホームルームを開催しています。(受験生以外も参加可能)ホームルームでは伝達事項のほかに、講師陣やOBたちの実例をもとに大学に行く意義や社会の仕組みなどを講義し、時には議論します。こうした機会を通じて、5年後・10年後のキャリアを考え、世界観や選択肢を広めること、さらには進学や目の前の受験勉強への意欲につなげることが狙いです。/p>

フジゼミ出身者による講話

お盆や正月には多くの卒業生がフジゼミを訪れてくれます。現役ゼミ生と同じようにゼロから勉強し、大学や社会人として活躍するに至るまでのリアルな体験談は、ゼミ生たちにとって大きな刺激となることでしょう。

個人面談

将来の選択肢を広げること、1人ひとりの持っている可能性に気づいてもらうことは、フジゼミの重要な責務のひとつです。勉強や進路に関する悩みはもちろん、身近なことから人生相談までなんでもじっくり相談に乗っています。

その他

バーベキュー(夏),ソフトボール大会(随時),合格祈願の参拝(センター前日),卒ゼミ式(3月)などの塾内イベントも定期的に開催しています。