HOME > 塾長コラム > 2ページ目

塾長コラム 2ページ目

自叙伝③(大学受験勉強)


20歳。
 
人生初の本格的な勉強が始まった。
 
 
呉服屋のおっちゃんは
「家だと勉強できないから毎日来い」といって
使っていない部屋を勉強部屋として用意してくれた。
 
 
私の1日のスケジュールだ。
 10:00~12:00  勉強
 12:00~13:00  帰宅し昼食
 13:00~15:00  勉強
 15:00~15:30  休憩
 15:30~17:30  勉強
 17:30~19:00  帰宅し夕食,風呂
 19:00~21:00  勉強
 21:00~21:30  休憩
 21:30~23:30  勉強
 
 
ゲーム喫茶時代は,開店時間が17時ということもあって
毎日起きるのは夕方の16時くらい
寝るのは日が昇ってからだった。
つまり私は昼夜逆転型の生活を何年間もやっていたのだ。
 
 
 
そんな私ですら,上に書いたスケジュールに完全に切り替えた。
もちろん最初は辛かった。
しかし,どんなに眠くても,朝10時には必ず呉服屋に行くようにした。
午前中は漢字の勉強だけやって寝るということもあったが,
とにかく勉強のリズムを身体に染み込ませることは意識した。
1ヶ月も経つ頃には,朝起きて夜寝るという当たり前のリズムに慣れた。
 
 
 
1日の勉強時間を合計すると,10時間になる。
このペースを私はきっちり守った。
私にとって,人生で初めて本格的な勉強だったが
きちんとそれなりに時間をかけて勉強したのだ。
 
 
 
フジゼミには,私のように高校中退,中卒の子も多く来る。
残念なことに,「難関大学を本気で目指します!」と豪語しておきながら,
昼過ぎに来て少し勉強するだけで終わり
なにかあるとすぐ休むという子もいる。
 
 
 
「オレですら1日10時間は勉強したんだぜ
君らの言う本気ってそんなものかい???」
と言いたくなることがある。
 
 
 
もう一点。
受験勉強というのはおそらく誰にとっても面白くなく辛いものだ。
だが,私は途中で辞めようとか他の道へ行こうなんて思ったことは一度もない。
 
 
 
それまでの日当いくらの現場作業員とか
将来の見えない不安定な仕事に比べ
大学へ行くことでどれだけ選択肢が増えることか
それを考えただけでワクワクした。
つまり,私にとっては大学に行くのが当然のことであり,
その前段階となる受験勉強なんて「突破して当たり前」のことだったのだ。
だから途中で放り出すなんて,私の選択肢には1ミリもなかった。
それだけ精神的に大人になった時期に始めたのが良かったのかもしれない。
 
 
 
さて,実際の勉強内容について。
おっちゃんからは英語だけを教わった。
テーブルに向かい合って座り,おっちゃんが口に出すことを
ひたすらノートに書いていくという形で教わった。

英語の参考書には,1つの項目に対して1~3の例文が文掲載されているが
その数倍,つまり1つの項目について10以上の例文を書いていった。
これを中1のThis is a pen.から大学受験レベルまで全範囲をやった。
終わる頃には積み重ねると50センチくらいのボリュームになった。
 
 
 
最初の3ヶ月はひたすら中学英文法。
初めて英語の長文を読んだ時(といっても中2レベル)は
「英文が読めるじゃん」とひたすら感動した。
 
 
 
6月からは高校英文法と長文。
長文は,
与えられた課題を自分で単語を調べて訳す→おっちゃんと読み合わせ
その後はひたすら音読,黙読による反復学習で語彙力を強化。
ひとつの英文を50回以上読んだと思う。
いくつかの英文は20年経ったいまでも暗唱できる。
 
 
 
国語。
おっちゃんには「小学4年レベル」からやり直すよう指示された。
懐かしの「漢字ドリル」と「文章題ドリル」でコツコツと勉強。
高校レベルに入り現代文が難しくなってくると,
解説を片手に
「なぜこの解答になるのか」
「なぜ自分の解答だと間違いなのか」
を納得いくまで徹底的に考え抜いた。
1問を考えるのに2日かけたこともある。
 
 
 
選択科目は姉のススメで数学にした。
青山学院大に通っていた姉曰く,
「英語は0点の自信があるけど数学は100点の自信がある。だから合格した」
そうだ。
 
 
 
数学は独学では無理なので,
マンツーマンでゼロから教えてくれるところに1回3時間×週1日通って学んだ。
週1日しか先生に会うことがないので,
問題を解いていて分からないところは自力で解決するしかなかった。
参考書で調べまくり,どうしても分からないところは姉にFAXで教わった。
そうやって自分で考えたことで数学的思考が身についたのか不明だが
秋には数学が得意科目になっていた。
 
 
 
11月の後半になった。(勉強開始から9ヶ月)
呉服屋でいつものように数学の問題を解いていたら,
おっちゃんがその問題集やノートを見て
「おまえ,数学がここまでに到達してるなら
今年ひょっとしてひょっとするかもしれんぞ」
と言ってきた。
 
 
 
勉強を始める前に「2年かかる」と言われていたので
私も当然それを当たり前と思っていた。
それが,「今年受かるかもしれない」
と言われ,がぜんやる気になった。
 
 
 
数学が得意といっても,「数学Ⅰ」の範囲しか習っていない。
(今でいう数1Aだと考えてください)
大学に行くなら絶対東京と決めていたので,
東京にある大学で数1だけで受験できるところを調べ
法政大学,國學院大学,東海大学が候補になった。
 
 
 
受験結果
× 法政大学法学部
× 法政大学社会学部
○ 國學院大学経済学部
○ 國學院大学法学部
○ 東海大学法学部
○ 東海大学政治経済学部
○ 東海大学教養学部
 
 
 
もともと2年を想定していたので
一度も模試を受けたことはないし
古文漢文は全く手つかずだった。
模試を受けなかったのはかえって良かったのかもしれない。
(きっと自信を失くしていたように思う。今の高校生は模試を受けすぎだ)
 
 
 
進学先は國學院大学経済学部
2年遅れで大学生になった。

自叙伝②(大検→大学受験勉強を始めるまで)


ママさんとのやりとりから数日経った。
自宅でその内容を母に話したところ
「大検という試験があって,合格したら高校を卒業したのと同じように扱われるのよ。」
と教えてくれた。
(※大学入学資格検定,略して「大検」は現在でいう高卒認定試験のことです)
 
 
母から聞くまで大検という試験のことは全く知らなかったが
「そんな抜け道があるのか!」と素直に思った。
とはいえ,試験は年1回(現在は年2回)
受験科目は実に11科目(現在は8科目)と聞いて若干引き気味・・・
 
 
「まあ,1年3科目×4年間で合格すればいいかー」
くらいの軽いノリでとりあえず受験だけはしてみることにした。
 
 
人生初の大検は勉強時間ゼロでのお試し受験だったが
結果はなんと11科目中10科目に合格!!!!!
「簿記」「家庭科」「保健」なんて,なぜ合格できたのかいまだに分からない。
フジゼミで真面目に勉強している高卒認定生に対して後ろめたさを感じるが
私の場合,本当に「運」だけで10科目合格という珍事が起きたのだ。
そして,この珍事が私の人生を大きく変えていくきっかけになった。
 
 
最初は4年計画で考えていた大検が,
いきなり「あと1科目で合格」になったのだ。
 
大検に合格したら何ができるんだ?
もし来年合格したら,そのまま進学なんてこともアリか?
その場合,2年遅れ・・・

 
「おいおい,ぜんぜんアリじゃねーか・・・」
 
 
何でもすぐ調子に乗るところが私の長所だ(短所でもあるが)
大学生だった姉に自分の密かな企みを打ち明けてみた。
本屋で大学に関する雑誌をいろいろ読んでもみた。
強烈に興味が沸いたのは「就職」に関する情報
当時の私ですら知っているような企業名が並んでいる。
「大学行くってことは,将来こんな企業で働ける可能性があるってことだよなー」
 
 
以前は「どの仕事に就くか」しか考えられなかった将来だが
「大学進学」が加わることでどれだけ可能性が広がったことか。

もし大学に行けば
友人たちはどんな反応をするか?
母ちゃんは?
中学時代の担任は?
卒業してどんな仕事につくか?
あれこれと妄想してみてはワクワクした。
 
 
とはいえ,現実的には「受験勉強をどうするか?」という重大な問題があった。
今でこそ大学全入時代と言われるが,
20年前はまだ受験競争がそれなりに激しかった。
そもそも私の勉強は中学1年生で完全にストップしている
 
 
「ま,どうにかなるだろう。ハッハッハー」

この時点では大学進学についてはまだ妄想の段階であり
いつもと変わらず仕事と遊びに全力投球の毎日が過ぎていった。
 
 
 
12月のある日のことだ。
私が働くゲーム喫茶に小学校時代の幼なじみがやってきた。
5年ぶりに会ったその幼なじみは大学生になっていた。
 
 
私:「おまえ,大学生ってすげえな。勉強したの?」
友:「そりゃ受験生の時は相当やったわ」
私:「どれくらい勉強したんだ?」
:「辞書が真っ黒になるくらいやったな」
 
 ・・・!!!?
 
 私:「おい,頼む!その辞書見せてくれ」
 
 
勉強とは完全に無縁だった私が辞書に興味を示したので驚いていたが
どうしてもその辞書を見たかった私は,後日彼の家に押しかけていった。
彼が言ったとおり,その英語の辞書は手垢で黒ずみボロボロだった
いろいろな単語にえんぴつで線が引いてあり
破れたページはセロテープで補強されいた。
 
 
私:「俺もこれくらい勉強すれば大学生になれるんか?」
友:「すごいこと考えるな。けど,大丈夫だと思うで」
私:「どうやって勉強すればいいんだ?」
:「俺は予備校とかじゃなくて呉服屋のおっちゃんに勉強を教えてもらった。なんだったらお願いしてやろうか?」
私:「マジで頼む。真剣に頼む!!!」
 
 
ちなみにこのおっちゃんは英語がとても堪能で
呉服店をやりながら近所の子たちに勉強を教えているという人物だった。
 
 
正月が過ぎた頃,その呉服屋に挨拶にった。
 
 
呉:「勉強はどこまでやってたんだ?」
私:「中2以降はほとんど授業を受けてません。中1の内容もたぶん分かっていません」
呉:「どこの大学に行きたいんだ?」
私:「・・・・・・帝京以上に行きたいです」
(当時の私は大学名をほとんど知らなかったが,2才上の従兄が帝京大学生だったのでとっさに名前がでてきた)
呉:「そうか。まあ2年間真面目にやるならたいていの大学には入れるぞ」
 
 
この言葉を聞いた私は,素直に感動した。
「おいおい,このおっちゃんについていけば,2年でオレも大学生になれるんか!」
 
 
私の中で,この先やるべき事が決まった瞬間だった。
ゲーム喫茶のママさんには事情を話したところ
「2年と言わずに決めたら絶対大学へ行かんといけんよ。あんたは大物になるんじゃけぇ,もうこっちの世界に戻ってきたらいけんよ」
と言って送り出してくれた。
ママさんにはいくら感謝してもし尽くせない。
 
 
ゲーム喫茶の仕事は2月末で辞めた。
その後2日間は親友たちで「思い残すことはない」と思えるくらい豪遊し
3月3日から呉服屋に通う日々が始まった。

自叙伝①(高校中退~ゲーム喫茶時代)


まずは私の「人となり」を知ってもらうため
これまでの紆余曲折の人生経験について触れていきたい。
 
 
 
私は高校を2回中退している。
最初の高校は1ヶ月で中退,
1年遅れで入学したふたつめの高校も,半年ほどで留年が決まり中退した。

 
親:「これからどうするんだ(怒)」
私:「うるせー働くわ」
とイキがっていた時期だ。

 
進学?
学歴?
そんなことは微塵も考えたことがなかった。
そもそも高校を中退した時点で
「勉強」や「進学」が将来の選択肢として頭の中に思い浮かぶことなどあり得なかった。

 
仕事につく
給料日の翌日からは休みがちになり,パチンコやゲームなどの放蕩生活
金欠になると再び職探し
 
 
書いていて恥ずかしくなってくるが
自堕落な生活の無限ループで私の十代は過ぎていった。


 
そんなこんなで気がつけば19歳
この頃になると,時々自分の将来について考えることが増えていった。

 
当時,私はゲーム喫茶の雇われ店長として働いていた。
お店が繁盛すればそのまま収入につながるということもあって
他の仕事に就いている同級生の何倍ものお金を毎月手にするようになっていた。

 
毎日友人におごりまくってもお金に困らない生活
その一方で,
「俺,5年後とか10年後って何をやっているんだろう?」
ふとそんなことを考えることが多くなっていた。

 
ゲーム喫茶という仕事自体,一生やるようなものではないことは分かっていた。
たまたま私の店はお客さんが多かったが,いつまで続くか分からない。
はたしてこの仕事が続けられなくなった時,自分はどうするんだ?

ゲーム喫茶をやる以前のように,
日当いくらの現場仕事の日々には戻りたくない。
かといって他にどんな選択肢がある?
長距離トラックの運転手か?
キャバクラの男性従業員とか給料良さそうだなー
稼げそうな仕事をあれこれ考えてみるものの,どれも現実感がない。

 
この時は将来の選択肢を考えるとしても
「どの仕事につくか?」ということくらいしか思い浮かばなかった。
が,頭に浮かぶどの道も魅力的に感じなかった。
だから結局それほど真剣には考えず,また漠然と毎日を過ごしていった。
 

 
そんなある日
いつものように,閉店後にオーナー夫妻と打ち合わせをしていた時のこと
ママさんが突然私に言った。

 
「あんた,頭いいんだから,いつまでもこの仕事をしとったらいけんよ
今は通信制高校とかもあるし,ちゃんと学歴をとって表の世界に行ったらどうなん?
わたしね,最初はこの店が流行るとは思ってなかったんよ
あんたは商売の才能があるんだから,この世界にいるのはもったいないって思うんよ」
そんなことを真顔で言われたのだ。
 
 
あまりに唐突だったので,
その時は「はぁ・・・」と返しただけ

 
学歴ねぇ・・・
オレ19歳だしねぇ・・・

 
まだ全然真剣ではないが
高校を中退してから完全に消えていた「進学」という選択肢が
ほんの少しだけ芽生えてきた。

<<前のページへ12

アーカイブ