体験記 合格 同志社大学

合格体験記(同志社大学)

2015年合格(同志社大学)

同志社大学経済学部への進学が決まったS君が合格体験記を書いてくれました。

 

1年遅れでの大学進学となったけど、この1年間で経験したことや出会いによって未来の可能性は何倍にも膨れ上がったことでしょう。

「現役で進学してなくて本当に良かったです」と爽やかに語ってくれたS君のこれからの飛躍を大いに期待しています!


S君

公立高校卒

合格までの流れ

一年前、高校三年生の受験シーズン。それまで勉強をしていなかったわけではなかったが、届くのは不合格通知ばかり。周りの友達は次々と大学に合格し、進路を決めていく。

そしてついに出願していたすべての大学の不合格が決まるのだが、その事実を受け止めきれずにただ呆然と進学が決まった同級生と遊んでいた。

 

そんな高校の最後を迎え、徐々に浪人生であるということに気がつき始め、焦りや悔しさが湧いてくる。だが一般の予備校に入るにはあまりにも基礎の学力に穴が開きすぎていて十分な成果が出せられるか不安だった。

 

そんな中、家族が「フジゼミ」という塾があることを教えてくれる。そこはゼロから大学受験の勉強を始められるという。つまり基礎学力に不安がある私にはちょうどいいのではないかということだ。渡りに船と入塾を決め、浪人生としての決意を固めた。

 

フジゼミでの学習を進めていく中で基礎の大切さが想像以上のものであることがわかった。基礎を反復し固めることで、学力が上昇する実感が持てた。そして自分のすべきことが明確化し、学習目標が見えてくる。

 

問題集を繰り返し解き勉強を続けていく日々だが、その日常生活を「合格日記」をつけることで反省し、効率化を図った。無駄な時間を減らせたり、長時間かけていた勉強を削るなど時間の分割をしたりできるようになった。

 

フジゼミにいたことで、高校生活では得られなかった情報も得られた。受験に対する情報も先生に教えてもらったり、他の塾生と共有したりすることで受験に対する対策がわかってきた。フジゼミに入塾する前はただがむしゃらに勉強していてそういったことに注意を払っていなかったことに気付かされた。受験に特化した環境でその必要性を実感した。

 

一般的な予備校に通っていたならば得られなかったであろう刺激もたくさんあった。他の塾生には高校生活では出会うことはなかった様々な人がいた。そこでの会話から社会に対する狭い価値観を広げてもらった。同時に押し付けられる勉強から、自分の中の勉強する理由がわかってき、自ら主体的に勉強するようになった。それは結果として勉強の意欲を高めることになり、学力の向上につながった。

 

志望校が定まってき、赤本に絞っての学習を始める。これは合格して改めてわかったことだが、赤本を徹底して勉強することは大学合格に欠かせないことであった。赤本の徹底反復は合格に直結した。

 

そして二度目の受験シーズンがやってきた。もう後がないという気持ちで不安を隠せないまま、受験に臨む。受験当日も不安ばかりがつのっていて、しかし試験には集中しようと懸命に努めた。

 

志望校の受験が大体終わり、合格通知を待つことになる。その間も不合格ではないかという不安で落ち着かなかった。しかしまだ受験することになっている大学があったので、学習を続けて不安を紛らわしていた。

 

そしてある日、速達で封筒に入った合格通知が届く。初めての合格通知。嬉しさでいっぱいになった。去年のことも思い、家族と一緒になって喜んだ。その後もいくつも合格通知が届く。第一志望は合格しなかったものの、これまでの努力、そして希望の大学に受かったことが大きな喜びとなった。

合格は塾の先生だけでなく、塾生のみんな、そして家族の支えがあっての成果であり、この浪人生活という一つの経験はかけがえの無い大切なものであり、感謝の念が絶えない。

合格校

同志社大学・立命館大学・専修大学

お問合せ・ご相談はこちら