福山市 学習塾

高卒認定のススメ②(3カ月で合格を目指す理由)

塾長のコラム

高卒認定のススメ②(3カ月で合格を目指す理由)

フジゼミでは,高卒認定試験を3ヶ月で合格するように指導カリキュラムが組まれている。
高認受験生の中には勉強と無縁だったという人も少なくないが,たとえ小学生・中学生レベルから教え直す場合でも,3ヶ月での合格を目指している。
(もちろん3カ月で合格しない場合も最後まで責任をもって指導する)

 

なぜ3ヶ月か?
理由はいくつかある。

 

第一に、高校中退・中卒の若者は往々にして勉強が嫌いだ。
加えて若者の興味の対象はいろいろと移りゆく。
ゆえに,彼らのモチベーションは、もって3ヶ月と考えている。

 

第二に、高卒認定試験に短期で合格することで良い意味で調子に乗り、自信をつけ、もっともっと大きな世界へ行ってほしいからだ。

 

はっきり言って、高卒認定試験に合格しただけでは人生は変わらない。
周りから「すごい」と褒めてもらえることはあれども、給料が増えるわけでも仕事の選択肢がすぐに広がるわけでもない。

合格すると高校卒業者と同等に扱われるとはいえ、若者たちが「高卒以上」が採用条件の会社に求職活動を行うとは思えない。
今までどおり、アルバイト情報誌や先輩・友人からの紹介でフリーター生活を送る子が多いのではないだろうか。

 

やがて時間が過ぎたころ、みんな口を揃えて言い出す。
「高卒認定をとっても意味ないぜ」と・・・

 

私に言わせれば、高卒認定は通過点に過ぎない。
合格して終わりではなく、大学をはじめとする先の道まで一気に駆け上がるための、大事な大事な踏み台だ。
だからこそ、高卒認定に1年も2年もかけるのではなく、合格するだけで終わりにするのではなく,もっと大きくて可能性に満ちた世界まで,駆け抜けてほしい。
だからこその3ヶ月なのだ。

 

フジゼミに来る若者たちに「高卒認定を取ってどうするの?」と聞くと、ほとんどが「分からない」「決めていない」と言う。
「とりあえず高卒認定を」との思いで受験をする子は多い。

 

だが、勉強して合格が現実味を帯びてくる頃あるいは実際に合格した後に「上の学校に行きたい」と言い出す若者も多い。
最初は「専門学校」と言っていた子が、やがて大学へ、どうせなら都会へ、やるなら難関大へと夢や希望を膨らましていく子もいる。

 

彼らの将来の可能性を広げるきっかに、そしてやる気に火をつける起爆剤として高卒認定はとても有用だと考えている。

 

 

アーカイブ