高卒認定

高卒認定のススメ①(はじめに)

塾長のコラム

高卒認定のススメ①(はじめに)

私は二度の高校中退から大検を経て大学へと進学した。
運試しのつもりで受験した大検にいきなり10科目合格したことで将来の選択肢は一気に広がった。
(ちなみに私が受験した平成7年当時は、合格に必要な科目が11科目もあった)
大検を受けたことが人生のターニングポイントになったのは間違いない。

 

大検は平成17年に現在の高卒認定試験へと変わった。
高卒認定試験では現役の高校生も受験できるようになったことに加え、受験科目も減少するなど、以前よりさらに身近なものになった。

 

高卒認定試験は8月と11月の年2回行われる。
試験科目は8科目とやや多く感じるかもしれないが難易度は中学~せいぜい高1レベルで科目によっては30分ほどレクチャーを受けるだけで十分なものもある。

 

さらに高卒認定は科目別合格という制度のため、いったん合格した科目は次回以降の試験では免除される。
例えば1回目の受験で8科目中5科目に合格した場合、次回以降では残りの3科目だけを受験すればよい。

一発で全科目合格を目指すもよし、3科目×3回で合格を目指すというやり方もある。

 

なお、高校を2年生に進級した人であれば、ほぼ確実に受験科目の免除が受けられる。
入学年度によって異なるが、普通科や総合科であれば8科目中5科目が免除になる可能性が高い。
1年生の終わりまで行ったけど留年したという人も科目によっては単位が取れているはずだ。
あと数科目で高卒認定が得られるとしたら、受験してみる価値は大ありではないだろうか。

 

高校中退者の受け皿としては、今や通信制高校が圧倒的な存在となっている。
だけど、経験者として私は高卒認定試験の魅力も強く訴えていきたい。
使いようによっては、高校の過程をすっ飛ばして大学をはじめとするさまざまな道に一気に駆け上がる手段にもなるからだ。

 

  • 通信制高校か、高卒認定か?
  • 高卒認定試験は3ヶ月以内で取ろう
  • 高卒認定を「武器」にする
  • 高卒認定を踏み台に、広い世界へ!

 

などなど、中卒や高校中退の人から不登校の現役生、さらには悩める親御さん向けにどんどん考えを書いていきたい。

 

続きは次回以降にて。