フジゼミ ホームルーム

フジゼミのホームルーム改革

塾長のコラム

フジゼミのホームルーム改革

フジゼミでは、授業のほかに「ホームルーム」と名づけた特別な講義を毎週行っている。
受験生は参加が必須のホームルームでは(受験生以外も任意で参加可能)、勉強や受験に関する伝達事項のほかに、

 

  • 何のために大学に行くのか
  • 大学時代に何をすべきか
  • 就職活動では何が問われるのか
  • これからの社会はどうなっていくのか
  • そのために何が必要なのか

 

などなど、世の中の仕組みやキャリアデザインのあり方につながる様々なテーマについて、私自身や卒業生たちの経験をもとに講義を行っている。

 

大学受験はゴールではなく通過点。
受験生は目の前の勉強に追われるあまり、つい視野が狭くなりがちだけど、ホームルームを通じて世界観や将来の選択肢を広げてほしいし、自分の可能性に気づいてほしい、未来にワクワクしてほしい、そういう思いで話をしている。

 

さて、このホームルームを来年から少し改革しようと考えている。
これまでのような、私の話を聞く一方通行型のホームルームは継続しつつ、新たに生徒同士で発表したり議論したりするようなゼミ方式のものを開講したい。

 

名称はとりあえず仮称として「藤岡ゼミ」

 

学年や年齢に関係なく自由参加とし、大学時代にできることや、世の中の仕組み、業界研究、さらには勉強法など、幅広いテーマについて意見を交わす場にしていきたい。

 

フジゼミには、普通の高校生もいれば、高校中退から大学を目指す若者、さらには20代や30代といった社会人経験者もいる。
せっかくユニークな人材がそろっているのだから、いろいろな人の考えや背景を知ることは、大きな財産になると思うのだ。

 

ゼミの開講時期は来年4月。
現役のゼミ生や卒業生たちに意見を聞きながらしっかりと企画・準備し、フジゼミならではのコンテンツに創りあげていきたい。

 

アーカイブ