キャリアデザイン 大学

塾長のコラム | 集え!志ある学生たち③

塾長のコラム

  • 集え!志ある学生たち③

    フジゼミでは、毎週「ホームルーム」というものを行っている。 勉強に関するアドバイスや伝達事項を伝えるほか、 「なぜ大学へ行くのか」 「大学時代に何をするべきか」 「就職活動はどんな仕組みか」 「大学へ行くことでどれだけ可[続きを読む]

  • 集え!志ある学生たち②

    前回の記事で、「大学生の90%はサークル、バイト、恋愛、娯楽しかしていない」と書いた。 では、残り10%の学生は何をしているのか?   彼らは上記の4つのことを満喫しつつも、それ以上のことにも挑戦している。 例[続きを読む]

  • 集え!志ある学生たち①

    私は大学へ行って圧倒的に世界が広がった。 「岩國哲人ゼミナール」という、今はなきインカレの自主ゼミに参加したことで、自分のいた世界がいかに小さく、世の中がどれほど広いかを知った。 フジゼミから大学へと巣立っていく若者たち[続きを読む]

  • 大学名に頼らない学生生活を!

    大学へと進学していく若者に伝えていることがある。   どの大学へ行くにしても,大学名というブランドにすがるような学生にはならないこと。 大学名で人を判断したり評価したりするような人間にはならないこと。 &nbs[続きを読む]

  • 世界の広さ,自分の小ささ

    少し前のことだが, フジゼミ卒業生で,同志社大学に通うI君から連絡をもらった。 「休みを利用して東京へ行き,いろいろな人に会ってくる」という。   私の学生時代からの盟友である小山有彦東京都議にも連絡して 食事[続きを読む]

  • 大学受験セミナー⑦(情報格差は偏差値格差 中編)

    岡山大学法学部の入試科目は センター:英語,国語,数学1A,数学2B,理科,地歴,公民 二次試験:英語,国語 となっている。   次に,それぞれの科目の配点をまとめてみた。 英語:センター200点+二次400点[続きを読む]

  • 大学受験セミナー⑥(情報格差は偏差値格差 前編)

    入塾面談や保護者面談をしてみると, 大学受験の仕組みを全く知らなかったり誤解していたりというケースによく出くわす。 国公立大学と私立大学の違いは「学費」が高いか安いかしか知らず, 入試の科目やシステムについては全く知らな[続きを読む]

  • 呪縛を解き放て

    浪人生の中には,いろいろなプレッシャーにとらわれている若者もいる。 「浪人したからには○○大くらいには合格しないと」 「推薦で現役進学していった高校の同級生と同じレベルの大学なんてイヤだ」   このようなプライ[続きを読む]

  • 大都会へ出よう

    20年前,私が「大学へ行く」と言い出した時 父親から「それなら絶対に東京へ行け」と言われた。   父は明治大学出身だ。 高校生の時に父親(つまり私からすると祖父)が他界したこともあって 学生時代は苦労の連続だっ[続きを読む]

  • 勉強法紹介②(核となる1冊を徹底的にやり込むべし)

    フジゼミでは「週次テスト」というものを導入している。   中間・期末試験といった定期テストが毎週行われると考えてもらえればいい。 1冊の問題集を2~3ヶ月で1周するペースで毎週の範囲が設定してあり, ゼミ生はこ[続きを読む]

アーカイブ